今の自分が本当の自分

あれができるようになったら、

自分がこう変われたら、

本当の自分になれるような気がする。

 

僕自身、そういった思いを抱えてずっと生きてきました。

 

でもこういう風に考えていると、「今の自分は本当の自分ではない」というような思いも同時に持つことになります。

今うまくいかないのはまだ本当の自分じゃないから仕方がない。

本当の自分になれたらきっとうまくいくはず。

そうやって理想の自分に夢を見て、現実から目を背けていました。

 

でもそうじゃなかった。

今の自分こそが紛れもなく本当の自分であるということに気づきました。

 

今の自分が本当の自分であると受け入れると、自分の弱さ、冷たさ、自分勝手さ、傲慢さも受け入れることになります。

でも同時に、本来自分が持つ強さ、温かさ、優しさ、謙虚さも同時に受け入れることになるのです。

 

 

今の自分が本当の自分なのだとしたら、そこにはあらゆる可能性が満ちている。

今の自分のまま成功してもいいし、やりたいことをやってもいい。

 

素晴らしい自分になったらうまくいくのではなく、今の自分のままでうまくいく。

 

今ある欠点がなくなったら、今抱えてる問題が解決したら。

そんなことは関係ないんです。

今のままのあなたでもう完璧だから。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。