本当の「自分に還る」生き方へのシフト。「人生のシフトー本当のあなたが目覚めるセンタリングー」【書評】

牧野内大史さん著の「人生のシフトー本当のあなたが目覚めるセンタリングー」という本を読みました。

この本は現在受講中のTLI講座の課題図書でした。

 

※TLI講座の詳細はこちら

 

これまで僕は自分を変えよう、変わらなければならない、と思いながら生きてきました。

コミュニケーションスキルを身に着けなければならない、仕事術を身に着けなければならない、などなど。

それらは、ある意味「今の自分」を否定するということでした。

 

この本では、「自分を変える」から「自分に還る」へのシフトが重要である、ということを学びました。

 

「自分を変える」生き方

僕たちは「幸せ」という名のゴールを設定することが多いです。

・仕事での成功

・素晴らしい人間関係

・楽しく生き生きとした毎日

多くの人は、これらのゴールを目指し人生を生きています。

僕もそのうちの一人です。

 

でもこのゴールを目指しているうちに、「もっと頑張らなければ」「もっと変わらなければ」と、苦しくなってきてしまうことも多いです。

今自分の目の前に広がる現実を否定して、「こんなはずではない」「もっと素晴らしい人生があるはずだ」という考えに陥りがちです。

 

そもそも、自分で掲げた人生のゴールというものはどこかで見たり聞いたりした「理想のだれか」であることが多いです。

「理想の誰か」になろうと、一生懸命努力して自分を変えようとしてきた経験が僕にもあります。

 

それはある意味、「今の自分」「ありのままの自分」を否定して、他の誰かになろうとすることでもあります。

他の誰かになるために、「こうするべき」「これをやってはいけない」と自分を裁く日々はとても苦しいものになります。

 

「自分に還る」生き方

この本では、そういった「自分を変える」生き方に疑問を投げかけています。

いつまでも手に入らないニンジンを追いかける生き方は幸せなんだろうか・・・?

 

「自分を変える」生き方を山登りに例えるなら、この本では「自分に還る」生き方を川下りに例えています。

もうすでに自分は山の山頂に立っている。

自分の中に流れる流れに身を委ねれば、あとは自分の行きたい場所に勝手に連れて行ってくれる、という生き方です。

 

本書では自分に還るためのファーストステップとして、「自分を大切にする」ということから始めよう、と書かれています。

自分を大切にする、僕にはまだどういうことかよくわからない、という感覚があります。

 

自分を大切にする気持ちや自分を好きだと思う気持ちを「セルフエスティーム」と言うそうです。

自分を大切にする、という事の本質には「ありのままの自分を感じる」と言うものがあるそうです。

 

本書の中には「ありのままの自分を感じる」方法として、センタリングという考え方が出てきます。

 

センタリング

センタリングとは、自分のセルフイメージの根っこに触れる、ということと書かれています。

ここでいうセルフイメージとは、自分が出来ること、持っているもの、肩書や立場ではありません。

自分の存在そのもの、自分が自分自身としてみている内面のことです。

 

自分の中心に触れることで、自分本来のパワーが引き出され、人生に活かしていくことが出来るというものです。

 

本書には、センタリングに導くCDが付属しています。

CDを聞きながら、センタリングというものを体験できるようになっています。

 

まとめ

僕自身、これまで自分を変えよう、変えなければいけない、と思いながら生きてきました。

でも、いつまでも変われない。

そんな自分に失望することもありました。

こうして書いてみると、とても自分を大切にしている生き方とはいえませんね^^;

 

まずは自分を大切にする。

ここからコツコツと始めてみようと思います。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。